ギャン レシピ 脚部 2

スネは割とイメージ通りにシュッとした感じになりました。それに合わせた足首を作製していきます。

他の部分と同じ様に、芯はバルバトスのモノを使います。カカトはほぼそのまま、つま先部分は少しカットしています。

つま先部分を0.5ミリプラ板で囲い整形しました。足首前半分のベースとなります。

先ずギャン特有の段差をギャンキットの同じ部分を移植しようとしましたが、ボリュームがあり過ぎてボツにしました。素直にプラ板で作る事にします。型紙を作り同型のプラ板を切り出すのですが、たまには詳しく工程をご紹介したいと思います。こんなやり方でやってますよアピールです、えっ、いらない?ネタが弱いんで引き延ばしが目的です、ご協力お願いいたします。

型紙は厚手の紙に1ミリ方眼を印刷したモノです。会社で作りました。ギャンキットのパーツをあてがいながら形出しして切り抜きます。ここは1ミリプラ板で作製しますのでザックリ4枚切り出しておきます。

プラ板の1辺だけ切断面を整えておきます。キチンと直角が出てたら立ちますのでソレを目安にヤスリ掛けします。

両面テープで型紙を貼り付けます。基準はヤスった辺にしております。T字定規をあてながらデザインカッターで切っていきます。少し力を入れながらでしたら5〜6回なぞると上手く切れます。

このパーツはへの字型の切り欠きがやりにくいです。いつもはギリまでニッパーで切り欠き、少し残した所をカッターで押し切っております。

切り出したプラ板は表裏を軽くペーパー掛けし、重ねて瞬着で固定します。同じ手順で切り出してもやっぱりガタガタですね。

この塊を180番で整えていきます。直角を意識してヤスっていきました。

後はプラ板の合わせ目にカッターの刃を入れバラします。表裏にまたペーパーを軽くあてておしまいです。

マークファイブの作製の頃からプラ板はこんなやり方で切り出しています。無駄アリアリのやり方かもしれませんが、こうしないと上手く同型でプラ板切り出しは出来ません。もっと技術を磨いてスピードアップを図りたいですね。

ではまた

雑記 74

金曜日の夜は作業が進みませんでした、電池切れ(笑)始発電車に乗るため早起きしたんで夕方くらいからバテてました。帰りにメタルボックスさんに寄るつもりでしたが、結構雨が強かったんで止めときました。何か1日ヘロヘロでした、老いやな。

身体はついてきませんでしたが、気持ちだけは残っていましたので、足首で思いついたアイデアを試してみました。足首の段差の再現です。と言ってもギャンキットから移植するという直球ですが(汗)

キットのパーツをカットソーで3分割します。使うのは真ん中で裏側のダボなんかを削っておきました。

現状の足首に被せるとこんな感じです。

うん、なかなかソレっぽくなり喜びました。なかなか妄想通りいきました。スネに取り付けてバランス確認です。

あかん、あきまへん。画像は少し俯瞰になってるので分かりにくいですが、幅があり過ぎてドッシリ感が出てしまいました。もっとシュッとさせたいのです。プラ板でイチから作らなあかんなぁ、がんばるべ。

ではまた

雑記 73

皆さま、おはようございます。

月曜日に続いて今日も関西空港へ。永年勤続者の海外研修のお見送りです。7時半集合ですので今日は始発電車に乗っています。見送るばっかりなのがアレですが(笑)でも皆んな楽しそうに笑って出発されるんで、見送る甲斐もありますわ。

今日は金曜日、夜はメインの作業タイムです。2日ほど作業してませんので楽しみではあります。模型テンションをもっと上げるために帰りにメタルボックスさんに寄るつもりです。取り置きしてもらってますMG誌を購入する予定です。ガンダムグシオンリベイクも出てるらしいんでチェックせな、買わない様に我慢できるかなぁ(笑)

よそ様のブログにコメントを書かせて頂いておりますが、たまに誤字脱字の失敗をしてしまいます。何かしゃべっている時に噛んでしまうような感じですね。訂正出来ないんで残っちゃうのが小っ恥ずかしいです。送信前にもう一度確認します。

脈絡の無い内容ですが、ねむたいんでお許しを、っていつも脈絡あるみたいですね。
もちろんありませんけどね。

ではまた

雑記 72

皆さま、おはようございます。

昨日は会社の用事で今宮戎神社に行きました。大阪市営地下鉄の恵美須町駅で下車し、通天閣を見ながら歩いて5分位でした。用事を済ませ帰社するんですが、久々に日本橋を覗いて行くことにしました。

時間がありませんので結局ボークスさんだけ寄る事にしました。特に欲しいものや要るものも無かったのですが、まぁ目の保養に(笑)キャラ系キットを置いている3階フロアだけ回りました。

印象に残ったのは144のAトールとバッシュ。Aトールはランナー状態の展示もあり興味深く拝見しました。エッジやモールドもシャープでスケールモデルの様な印象です。合わせ目はかなり出る感じですが、ちょっと欲しくなりました。ただギャンの次もアイテムは決まっておりますので購入はしませんでした。またマシーネン系の完成品も多数展示があり、足を止めてしまいました。上手くウェザリングされたものばかりで勉強になります。ギャンの仕上げはどうしようかなぁ?キレイめか汚すか、まだ決めていません。

模型テンションは上がったのですが、昨日は時間が無く作業無しでした。週末作業に活かしたいと思います。

ではまた

雑記 71

皆さま、おはようございます。

昨日、ブログの管理画面でカテゴリーの並び変えを行いました。古い順に並び変えてちょっと読み直していましたが、メタルボックスさんのコンテスト参加は、1回目間に合わず、2回目武器・デカール無しで、という散々たる状況でした。今回は一応最後まで仕上げたモノを出したいですね。

という訳でギャンは毎日いじっております。昨日も少しだけ。つま先部分に0.5ミリプラ板を貼っていきました。フレーム接続部分の切り欠きは分割したプラ板を貼っています。コの字に切り欠くより精度が出しやすい気がします。

コタツでしばらく乾燥、ざっくりペーパーを掛けました。ちょっとだけC面も。ペーパーは180番だけの段階です。

ギャンの足首は段差が設けられております。ひとネタ浮かんでますので、また試していきます。

ではまた

相互リンクのお知らせ 5

どうしたんだ、かめしんプラモデル?

今日もいいご縁がありlost oneさんのブログ「終わりなき旅」様と相互リンクさせて頂く事になりました!!

重厚な塗装のサザビーやガン王一次審査突破のZガンダム・エルピーダは必見です!カッチョええですよ。皆さま、是非ご訪問してくださいね!!

lost oneさん、今後ともよろしくお願いいたします!!

雑記 70

帰ってから雑記69をアップしましたが、日付が変わりましたので又アップいたします。仕事がシンドかった日は作業したくなります。リフレッシュというか現実逃避というか。後者ですね。

スネはとりあえず放ったらかしで足首に移ります。バルバトスベースで進めていきます。先ずは要らないと思われるところを、直感を信じてニッパーでカットします。

つま先とカカト上部を切り飛ばしました。カカトはこのままの感じで進めます。つま先はキットを芯にしてプラ板で囲っていきます。型紙を作り0.5ミリプラ板を切り出しました。

甲の部分の傾斜をなだらかにするため、ざっくりニッパーでカットし軽くペーパーをあてました。

バルバトスつま先のサイド部分を平らにして、切り出したプラ板を貼り付けました。

ある程度乾いたら瞬着を塗り込み補強しておきます。足りない面は後からプラ板を貼っていくつもりです。ちょっとイメージがわいてきました。しばらくは足首製作を進めていきます。1時間位の作業でしたが満足しました。

ではまた

雑記 69

皆さま、こんばんは。

今日は5時半起床、6時位に家を出ました。永年勤続のご褒美で2名の社員さんがベトナムへ出発されました。人事課の自分はそのお見送りでした。

電車に乗ってから携帯を携帯していないのに気付きました。かめしんプラモデルは全てスマホでお手軽ブログがモットーですので、帰ってくるまで何も出来ませんでした。後で皆さまのところにモリモリお邪魔いたしますね。

HJを購入しました。100のカエルガンダムは中のヒトではなく、違うヒトというかヨソのヒトでしたね。4本腕はちょっとトキメキます。隠し腕とかもツボかも?アシュラマンとか天津飯とかアシュラテンプルとか好きやわぁ。144は買ってしまうかもしれません。このガンダムも作るんやったらシナイグレーで塗りたいなぁ。妄想広がる月曜日でした。

ではまた

ギャン レシピ 脚部 1

腰周りが形になって次は脚部に移ります。HGUCギャンのモノはボリュームがあり少しイメージと違います。幅詰めで調整しバルバトスのフレームを移植します。

ギャンスネパーツの合わせ目に2ミリ幅の短冊プラ板を貼り、カットソーのガイドとします。なかなか上手くいったので今後も使えそうなやり方です。

前後とも幅詰めし、切断面をペーパーで整えました。パッと見でも細くなったと思います。

足首の接続はギャンのスネにバルバトスのポリキャップが微調整で取り付ける事が出来ました。モモはバルバトスのモノを使いますので、その取り付けを考えます。先ずはバルバトスのスネフレームを加工します。ギャンのスネに合わせながら、あーでもない、こーでもないと不要部分を切り飛ばしたらこんな感じになりました。

ほぼヒザ関節だけの移植となりました。このパーツを塗装後に接着できるように仕切り板を設けます。スネ内側の形にプラ板を切り出すのは難しいので、漢らしく一旦切断し、1ミリプラ板を挟み込むパターンでいきます。少しスネが長くなりますが、漢らしく気にしません(笑)

バルバトスのパーツが後から接着出来るか確認しました。まあOKです。モモを付けるとどうでしょうか?

モモとヒザが干渉することもありませんでした。しばらく付けたり外したりしますので、補強も兼ねて1ミリアルミ線で軸打ちしました。

ヒザフレーム取り付け部分にプラ角棒を貼っています。フレーム接着のガイドと密度を上げたつもりです。角棒の小口は少し斜めにしてあります。付け外しも大丈夫そうですのでスネ下部分と接着、脚部のバランスを確認します。

なかなか良さげな感じです。スネ前面、合わせ目からはみ出した接着剤が、エッジを立てているかの様に見えますね(笑)ここはその様にします。一応、上半身とも合わせておきます。

ブロ友のすーさんが脚を閉じたポーズをリクエストされていましたのでこんな感じに。すーさん、いかが?

次はスネの整形を進めながら足首を作製していきます。

ではまた

雑記 68

現在、作業中。ちょっと気分転換にブログ更新いたします。ギャンの製作記は明日かなぁ。

昨日の晩ご飯、メインは鶏ハムでした。たまに嫁さんが作ってくれるんですが、あっさりしていて美味しいです。詳しい作り方は分かりませんか、ざっくり以下の様な感じらしいです。嫁さんに聞きました。

1、鶏のムネ肉に砂糖、塩、胡椒をたっぷりまぶしてラップで包む。
2、 1〜2日、寝かす。
3、鍋にお湯を沸かしてムネ肉を加熱する。ある程度したら火を止めて冷めるまでムネ肉は鍋に入れたまま放置。
4、適当な大きさに切って、好きな様に召し上がれ。

分量、時間、火加減なんかはサッパリ分かりません(汗)鶏ハムで検索すると色々出ますので、そちらをご参照くださいね。詳しくアップされていますよ。

個人的にはわさび醤油がお気に入り。もちろんマヨ系もええですな。また茹で汁を使ったスープも美味しいですよ。春雨、ネギ何かでシンプルに頂いております。

寝かす時間はかかりますが、調理的にはカンタンやと思いますので是非お試しくださいね!!自分は作った事無いのに勧めても〜た(笑)

ではまた