タチコマ レシピ 完

タチコマはマークファイブの前に完成したモノです。バンシィでイマイチだったツヤ有り仕上げのリベンジのつもりで作製しました。結果、返り討ちにあいました。

正面をいきなり撮り忘れです。全体的なプロポーションに問題はありませんでした。

右側面から。カラーリングを覚えている範囲で。
本体青 クレオス ウィノーブラック→スーパークリアー→ガイア スターブライトシルバー→ガイア クリアーブルー+蛍光ブルー

左側面から。
手足関節銀 クレオス スーパーチタン
手足装甲板銀 ガイア スターブライトシルバー 銀はウィノーブラック→スーパークリアーの下塗りをしています。

後ろから。細部はクレオス ダークアイアンを筆塗りしています。スミ入れはブラックで。ハイキューさんのヘックスデカールやマシーネンの余りコーションデカールを少し貼っています。ガンプラモデラーなんでつい。

裏側から。つま先はシタデルカラー ABADDON BLACKを筆塗りしました。読めません。足裏の突き出しピン跡を隠すためコトブキヤのアフターパーツを取り付けています。

俯瞰から。1枚目と余り変わりませんが。
センサー白 ガイア アルティメットホワイト
細部にタミヤエナメル クリアーレッド、クリアーオレンジ、ガンダムマーカー 蛍光グリーンを使っています。

最後はアップで。画像の青はコバルトブルーっぽいですが実物はインディブルーっぽいです。よく皆さまがおっしゃる画像の色味の再現度の問題ですね。対処方法が分かりませんのでそのままです。タチコマもメタルボックスさんのブログで紹介して頂きましたので宜しければご覧下さい。色味が正しく出てると思います。

マークファイブもそろそろ終わりますので新規アイテムをそろそろ決めましょう。

ではまた

タチコマ レシピ 2

掘り起こしたタチコマ製作画像は後2枚。完成品は預けっぱなしですが続きをアップいたします。何か新しいネタを見つけたいところです。

サフ吹きしたタチコマを磨いていきます。1000番スタート2000番までペーパー掛け、その後タミヤのコンパウンドで軽く磨きました。クレオスの4000〜8000の表記のあるシートで水研ぎした記憶もあるのですがあやふやです。

友人ブチさんに送ったメールを確認しますと水研ぎしてました。塗装前の表面処理を頑張っていたようです。普段のつや消し仕上げならサフ吹き後は1000番止まりですね。各パーツを確認し、塗り始めていきます。

いきなり完成直前の状態です。
下地 クレオス ウィノーブラックにクリアー上掛け。その後ガイア スターブライトシルバー。
本体青 ガイア クリアーブルーに蛍光ブルーを混色したもの。

クリアーブルーを吹いた時に少しホコリを噛んだようでダメージ大でした。2000番で少し磨いてハイキューさんのヘックスデカールを貼りました。正真正銘のごまかしです。更にマシーネンの余りコーションも貼っていきました。1/20でスケールも合っていたので結果オーライです。

スプレーのクリアー掛けで思いっきりカブらしてしまうのですが、その話は次にします。

ではまた



タチコマ レシピ 1

はい、過去作です。ごめんなさい。

バンシィは完成しましたが、ツヤ有り仕上げに不満の残る結果となりました。リベンジも兼ねてタチコマをもう一度ツヤ有りで仕上げる事にしました。

プロポーションに問題はありませんのでドンドン進めていきます。320番スタートの800番までの整面です。スポンジヤスリも多用しています。合わせ目は瞬着やアルテコの粉を臨機応変に使って処理しています。

工作的にはほぼほぼストレートです。スジボリを深くしたり、ピンバイスで穴を開けたりした位です。各パーツがそろったので一旦サフを吹きました。クレオス1200のブラシ吹きです。

サフはブラシ吹きでは無く缶やったみたいです。画像見て思い出しました。ええかげんですね(汗)

あっ、バンシィもメタルボックスさんのブログで紹介していただきました。頂き物というカテゴリーで載せていただきましたので宜しければ見てやって下さい。バイファムタチコマもありますよ。

ではまた