バンシィ レシピ 1

平日はなかなか作業がしにくく、ネタが増えません。性懲りもなく過去作を振り返ります。皆さまの暇つぶしになる様、頑張ってアップします。

バイファムが完成し次は何をと考えて、ストレート組みでイケるモノを探しました。
アニマックスでUCの一挙放送が有り、その影響でバンシィに決まりました。世間の評判も良く、サクッと完成させるつもりでしたが案の定サクッとはいきませんでした。

このバンシィはいつも拝見させて頂いておりました北海道の神さまのブログをマネしています。もちろん劣化コピーにもなっていませんが、追加工作は出来るだけマネて進めました。

いつも通りに腰周りから始めました。股関節パーツは3分割し合計で1ミリほど幅増ししています。胸やフロントアーマーの先端はプラ板を貼って尖らせました。

モモ付け根のフレームはプラ板で囲んで見えなくなるようにしました。つま先は上面と先端に1ミリプラ板を貼って延長しています。金のサイコフレームはパーツの状態が見にくいので捨てサフを吹いています。

仮組みのため各パーツはダボ穴を広げたり、軸を短くしたりしてハメたり外したりをやりやすくしています。合わせ目処理はほとんど有りませんでしたが、パーツ数は多いので紛失には注意してました。これ位形になってくるとやる気が増してきます。早く立たせたいとか腕を付けたいとかテンションが上がってきます。

武装はキットのままで作製するつもりでした。可動式の爪がバンシィノルンに付属していますので購入しておきました。バンダイさんの販促にまんまと乗せられていますね。爪はちゃんと使いましたので、本体もいずれはと考えておきます。

ではまた

バンシィ レシピ 2

ブログを毎日アップしてますが、いまいちマナー的な事が分かっていません。そういった関係のサイト等もいくつか確認してみましたが不安が残ります。ビビりながら文章を考えています。ブログの継続って大変ですね。

ネタも枯渇しそうな当ブログですがお構い無しに上げていきます。なるようになるでしょう。

バンシィは様子を見るために立たせてみました。評判通りなかなかのプロポーションと思います。キットの手首は少し大きい印象です。ビルダーズパーツの連邦用Sサイズが有るみたいですが売ってるのを見た事がありません。一度使ってみたいです。

外装を形にしてテンション上げたかったので表面処理をこなしてました。320番からスタートしてたと思います。目立つバンダイエッジは無くしていきましたが、まあほどほどレベルです。両手の武装が揃うと雰囲気が変わりますね。今見直すと上腕を太くしても面白いと思います。思っただけでやりません。

細部を詰めなあかんところが幾つか出てきました。爪が真っ直ぐ過ぎる問題、目元がぼんやりしてる問題、ツノ太すぎ問題、尻バーニア筒抜け問題、右手ランチャー肉抜き問題、ふくらはぎスラスター省略問題、色々出てきましたがプランは有りませんでした。当たって砕けろの勢いで進める事にしました。結果、砕けました。

ではまた

バンシィ レシピ 3

今日辺り早ければ模型誌の最新号が入荷してるかも知れません。仕事の帰りにメタルボックスさんに寄りたいところですが、営業時間内に仕事が終われるか分かりません。顔の前にニンジンをぶら下げた馬の様に必死に頑張ろうと思いました。

バンシィは細部を詰めていきます。顔パーツは目を削り落とし0.3ミリプラ板で新たに作ります。左右対照に難航しました。アゴ先に0.5ミリプラ板を貼って延長しています。クマどり部分はタガネで彫り込みました。後頭部モールドも同様です。

腰部リアアーマーは筒抜けなのでプラ板でフタをします。エバグリのモールド入プラ板を使います。現物合わせで切り出して周囲に短冊プラ板を貼って段差を付けました。塗装後に接着します。

バイファムと違って組むだけでサクサクと形になるのが新鮮でしたが、プラモデルとは基本はそうゆうモノを指すんやなぁと、今改めて思いました。

ではまた

バンシィ レシピ 4

遅めの昼食後の一服タイム。ネタはカツカツですがアップしましょう。

ツノを削り込み捨てサフを吹きます。NAOKIさんプロデュースのサフを使いました。金、銀を吹くつもりでしたので、黒の下吹きも兼ねています。吹きすぎたのか少しザラついてしまいました。

バンシィは合わせ目がほとんどありません。裏を返せば完成までパーツが粉々だという事です。絶対無くす自信があったのでポリ袋に小分けして管理していました。

気になり出したら我慢出来ないタイプですので、ふくらはぎのスラスターを自作します。0.3ミリプラ板で作製しています。凹型に貼り合わせた長めのモノを細かく切断し切断面にプラ板を貼って整形します。細いし16個もあるしで泣きそうでした。形になってふくらはぎに合わせると幅がコンマ何ミリか広くて元のモールドに入りません。泣く泣くふくらはぎモールドを1ミリ彫刻刀で彫っていきました。16箇所て。

工作関係で主だったところはこんな感じです。塗装はツヤ有りにするつもりでしたので色々妄想しておりました。違う事も妄想しがちです。

ではまた

バンシィ レシピ 5

通常土曜日が公休なのですが明日は出勤です。まあ日曜が代休ですので今晩の作業は軽めに済ませます。

バンシィの工作もそこそこに塗装を始めました。色合いを見てみるつもりでしたので全てのパーツを塗る訳ではありません。また工作ばっかりに飽きてきたのもあります。気分転換ですね。

紺、金、サイコフレームは赤にしました。使用した塗料は以下の通りです。
紺 ガイアかどっかのF1カー用の700円位の大瓶の紺色に黒を少し混ぜたもの。
金 クレオスの赤金と呼ばれてるやつ。
赤 ガイアのスターブライトシルバーに同社クリアーレッドを上吹き。
申し訳ありません、帰りの電車で記憶をたどればこんなもんです。また調べて紹介しますのでお許しを。

少しまとまりが無い感じでしたが、紺色には赤色パールを吹くつもりでしたので、このまま進める事にしました。また仮組みして立たせてみました。

まあ何か禍々しい感じは少し出てますが、どうやろなぁと正直思っていました。バンシィはツヤ有り仕上げ、初パール塗装、初シルバー+クリアーカラーコンボとトライアルの意味合いが強くありました。違和感は多少有りましたがこのまま続行することにしました。

ではまた