ヘイズル レシピ 完

ヘイズル完成しました!!一昨年の夏ですが(汗)狼が来たぞ〜、と連呼するように完成したとアップしてますが実際何も完成していないのが辛いところ。マークファイブのシールドもイメージがなかなか湧きません。まぁそのうち何とかなるでしょうと他人事の様に済ませておきます(大汗)

ヘイズル正面。最後にヒールを履かせました。足が長くなり印象も変わりましたが足首の可動範囲はほぼ無くなりました。

右から。ライフルは筆で塗り分けています。ムラは多少出ましたがフラットクリアーでゴマかします。ガイアのFクリアーを初めて使いました。クレオスより少ししっとりとした感じを受けました。

左から。EFSFはMGボール用のガンダムデカールからです。白色が良かったのですが手持ちがありませんでした。今なら固め貼りをしてると思います。デカールはベルテックスさんのコーションをメインに使いました。

後ろから。ヘリウムコアの下にラッチを作製し予備マガジンを取り付けました。ライフルが右手持ちなので予備は左側に集まっていた方が便利かと思いました。ヒザ関節はノーマルですがプラ板細工でゴチャつかせても良かったです。

最後は俯瞰から。おとなしい本体色ですが赤や黄色がアクセントになっていると思います。派手さはありませんが、こじんまりとまとまったかな。

過去作の紹介でしたが、長々とご覧頂きましてありがとうございました。新規作品もアップしたいのですが次も過去作です。赤いヤツを3回ほど。

ではまた

ヘイズル レシピ 4

ヘイズルで使える画像は後3枚。1枚づつ使う事なく今回で使い切ります。いよいよネタ切れで更新危うしの状況でございます。自分を追い込んで作業に努めますので応援夜露死苦!!追い込まれてますね。

ブロック毎に組み立てて様子をみます。ヘイズルでは昔よく使ったミディアムブルーの再確認の意味合いを込めています。何かあればクレオス72番に頼り切っていたのが、やれウォームグレーだ、やれ自作グレーだとドンドン端っこに追いやられているミディアムブルー。なんだかかわいそうに思えてこのトライアルに至りました。ヘイズルでは肩インナー、手、つま先なんかに使っています。久々に使うミディアムブルーは思っていたより青味が強かったです。

基本塗装が終わりデカール貼りの直前の状態です。ヒザダクトの黄色いパーツは塗り分けのため3分割しています。ダクト部分はウェーブのモールドプラ板(なんか2種類のモールドが入った小さいヤツです。)を入れています。スミ入れはブラックとハルレッドを混ぜたモノを使っています。

腹部を延長したせいで赤いコクピットブロックの下に隙間が出来ています。気になり出すともう無視出来ません。塗装後でしたがプラ板で調整しました。隙間埋めは瞬着です。

ヘイズル最後の画像がこれとは寂しいかぎりですね。最後のレシピ用に画像を用意します。追加工作したいところもあるのですが、どうしたもんかいな。

ではまた

ヘイズル レシピ 3

週末、小遣いが厳しくなってきたので在庫を少し処分しました。買取価格は9680円でした。その晩、外食することになり会計8000円は管理人持ちでした。あれ?

一旦組んで様子を見ます。何かぼんやりとした印象でパッとしません。もう少し青味が強い、紺に近いのが良かったのですがドボンする勇気も無いのでこのまま進めました。

細部を筆で塗り分けていきます。タミヤエナメルを使っています。最終的にラッカーのつや消しを吹きますのでムラは余り気にしていません。エナメルの上からラッカーはご法度なのは知っていますが仕上がりの違いが分かりません。ブラシ塗装だから大丈夫なのかも知れません。

スミ入れしたり更に塗り分けたりしています。同じ工程は一度に済ませた方が効率良く進むのでしょうが、やりたい作業をやりたい時にやるのが好みです。センサー部分はガンダムマーカーの蛍光グリーンを筆塗りしています。下地に白を塗っており発色に注意してます。なかなか好きな色で他のキットにも使用してます。

同じ様な画像ばかりで間違い探しのようです。最初は違和感を感じたカラーリングも見慣れてきたのか気にならなくなってました。量産型のジム系機体ならこれ位の地味さでええかなとさえ思い始めていました。
納得していない現状に対する言い訳でした。大人っていやん。

ではまた

ヘイズル レシピ 2

100の質問の神さまがタイムリーに極め手の話をアップされてました。マークファイブで使ったところでしたので興味深く拝見しました。塗ったらあかんかったんか、知らんかった(汗)

画像を見つけたのをいい事にドンドン更新します。後先は余り考えないタイプです。ヘイズルは基本色を吹いていきます。自分なりのティターンズカラーを模索していました。またこの頃は関節を白っぽくするのにハマってました。

細部を筆で塗り分けていきます。エナメルのジャーマングレーとかそんな感じの濃いグレーです。ふわっとした説明で申し訳ありません。普段からこんな感じです。画像にはありませんがマスキングでブラシ吹きしてる箇所もあります。アンクルアーマー、腰ヘリウムコア、肩フレーム部分なんかです。肩アーマーは前後、中央と3分割し肩インナーと別で進めていける様にしています。

一年戦争物と違いユニット数も多いので塗っても塗っても終わらん感じがしてました。画像を見ながら記憶をたどると紺色は紫っぽくしたかった、ブルーはミディアムブルーを見直したかった等なんとなく思い出されます。懐かしい歌を聴くと当時のことが鮮明に思い出されたりしますが、ガンプラではそんな事はないですね。多分溶剤でヤラレてるからやと、あっ、管理人だけですね。

ではまた

ヘイズル レシピ 1

グフカスタムレシピも終了し、予想通りまたもや過去作の紹介です。ヘイズルはグフカスタムの直前に完成したモノです、これも2年ほど前になりますね。

当時友人のブチさんと2人で同じ機体のコンペをよく行なってました。ヘイズルもその一環です。ネタとしてヘイズル+マーク2÷2位のイメージでスタートしました。

画像はいきなり塗装直前のサフ状態です。工作途中の画像はほとんどありませんでした。思い出してみると上腕、ランドセルはマーク2と交換しています。上腕の交換は延長の意味合いが強いです。モモは2ミリ、腰は1ミリほど延長しております。ライフルのカートリッジはダブル仕様にしました。

ブログ記事を入力中に誤ってアップさせてしまいました。モデラーズギャラリーさまに中途半端な記事が載ると思います。ご迷惑をお掛けします。削除できるんかなぁ。

工作系は後、シールド基部を薄くなる様に調整しています。腕への接続パーツも他のジム系キットから持ってきています。

塗装は手持ちのガンダムカラーを調色して使用しております。カラーの名称や何を混ぜたかは忘却の彼方です。塗料はまだ残ってますので確認しておきます。

完成品は手元にありますが、今見ると気になるところもありますので改修してもええかなと思います。ブログネタにもなりそうですしね、ぐふふ。

ではまた