お鍋のお話 2

皆さま、おはようございます。

やっぱり昨日の晩ご飯はピェンロー鍋でした、今期2回目(笑)鍋自体のレシピなんかは以前ご紹介しておりますが、今回は食べ方のお話でも。えっ、いらない?そう言わんと聞いたってな。

自分は鍋のスープを少な目に取って、少し多めの粗塩(小さじ4分の1弱位?)、一味唐辛子、追いごま油少々を加えます。良くまぜてから鍋の食材を浸して食べるのですが、感覚的にベッタリ浸すのではなくて、うーん、お刺身に醤油を付ける位の感じでしょうか?

白菜の芯のところを豚バラ肉で巻いて食べるのが好みです。あっさりとしていくらでも食べれそうな気がします。嫁さんは一味唐辛子の代わりに柚子こしょうを入れたりしてますね。器のお汁は味が薄まっていきますので、その都度粗塩、一味唐辛子、ごま油を追加していきます。ピェンロー鍋1回で結構な量の塩分を摂ってしまうのが難点ですね。自分は高血圧まっしぐらやな(笑)

豚バラ肉、鶏モモ肉、白菜、緑豆春雨、干しシイタケの他にウチは最初からウドンを入れております。子供らはやっぱり麺類が好きですね。ワイワイ言いながら食べた後、シメはやっぱり雑炊。ご飯を入れて粗塩で味付け、溶き玉子で仕上げる普通の雑炊ですが、やっぱり美味いです。自分は更に追いごま油もしてしまいます(笑)お腹いっぱ〜い、もう無理〜、ギブ〜、みたいな声はいつも上がるんですが結局最後はこんな感じです(笑)

いただきま〜す。

ごちそうさまでした〜。

いつもこんな感じです(笑)

ではまた

雑記 147

皆さま、おはようございます。

昨日で新入社員研修もおしまい、現場の店舗に配属されました。ホッとしたのかちょっと疲れてしまい作業は無しでした。画像が無いなぁ、困ったなぁ。う〜ん・・・


また助けて頂きました(笑)いつもすいません、サンダーZ。

昨日の晩ごはんはピェンロー鍋でした。かなり暖かくなりましたので今シーズン、ラストピェンローでございます。ウチのはこんな感じに仕上がります。

白菜、豚バラ肉、鶏モモ肉、緑豆春雨、干しシイタケなんかで作ります。塩と一味唐辛子で頂くのですが、香り付けの胡麻油がたまりません(笑)昨日は家族が食べた後に帰宅しましたので一人鍋でした。その分ゆっくりラストピェンローを味わう事ができました。シメの雑炊までしっかり頂き、まんぷくポンで撃沈という訳でございます。今シーズンもお世話になりました。

ではまた

牡蠣のお話し

皆さま、おはようございます。

嫁さんのお母さんの妹さんが岡山県在住で、冬場に殻付きの牡蠣を一斗缶で嫁さんのお母さんに送ってくれはります。ウチはソレをいつもお裾分けしてもらいます。今年も結構な量を頂戴しました。

小さい時は牡蠣は苦手でしたが、オッさんになると好みが変わるのかストライクゾーンが広がるのか、美味しく食べれるようになりました。色んな食べ方がありますが、カキフライが好みかなぁ。

日曜日はそのカキフライが食卓に上りました。嫁さん特製の手作りタルタルは作ってもらえず、市販のマヨネーズとレモン、少しの醤油で頂きました。揚げたてアツアツのフライもんはやっぱり美味いなぁ、ご飯が進みまくりました。この歳になっても揚げもんは大好きなんですが、家ではあんまり出てきません。油の後始末が大変みたいで嫁さんが嫌がるんです。その分仕事の昼ご飯で食べ倒しております。体重計は年に一回位しか乗りません。

昨日は10個程の牡蠣を蒸し焼きにしてもらいました。殻付きやとなかなかの迫力です。レモンと醤油を少し垂らして頂きました。新鮮で臭みもなく旨味だけが口の中に広がります。白ワインを飲みながら、アッと言う間に食べちゃいました。ごちそうさまでした。

なかなか立派な牡蠣やと思いません?冬場の楽しみの1つでした。

ではまた

お鍋のお話し

皆さま、おはようございます。

暖冬と言われておりますが、最近は冷え込む日も増えてきたように感じます。平日は家族が先に夕食を済ませ、帰宅後1人で食べるのがほとんどです。週に1回、土曜日の晩にみんなそろって食べる夕食、冬場はお鍋が多いですね。昨日もやっぱりお鍋でした。今日はウチの定番お鍋をご紹介いたします。

妹尾河童さんのエッセイに記載されておりますピェンロー鍋。学生の時に試して以来、20年以上冬場になると食べております。作り方はこんな感じです。

1、鍋に水と干しシイタケの戻し汁を張り、白菜の芯のところを先に炊いておきます。
2、戻した干しシイタケと白菜の葉のところ、鶏モモ肉を投入、ごま油を鍋に「の」の字を書く様に入れてしばらく炊きます。
3、鶏肉に火が通りましたら豚バラ肉、緑豆春雨を入れて炊きます。豚肉に火が通りましたら仕上げにごま油を更に入れて完成です。
4、器に鍋のおつゆを取り、粗塩、一味唐辛子を好みで入れて食べます。
5、途中でうどんを入れたり、最後におじやをしたりします。

詳しい作り方は他のブログ様でもご紹介されておりますが、適当に作ってもそんなに失敗しないと思います。出汁なんかは取らないので、干しシイタケの戻し汁は外せないポイントかなぁ。

ごま油が苦手でなければ、気に入って頂けると思います。妹尾河童さんのエッセイ読まれたら絶対食べたくなりますよ!

ではまた

お餅のお話し

皆さま、こんばんは。朝、更新しようと思いましたがネタが浮かばず、スマホとにらめっこしておりました。新年早々先が思いやられますわ。

今年はまだお餅を食べていません。あまりおせち料理とかにこだわりは無いんですが、お餅はちょっと食べとかなアカンと思っちゃいます。

好きな食べ方はバターと一緒にオーブントースターで焼いて醤油を少し落としたモノがええです。嫁さんからは胸焼けする食べ方しなさんな、と注意されますが軽く聞き流しております。

カロリー高い食べ方ですがウマイですよ。コレも悪食ですかね(笑)

ではまた